けっこう焼けない。ラロッシュポゼの日焼け止め&トーンアップ下地【UVイデア XL プロテクショントーンアップ】

UVイデアXLプロテクショントーンアップのアイキャッチ

できれば肌への負担が少なくて、それでいて肌をキレイに見せてくれる日焼け止めが欲しい人はご注目。【ラ ロッシュ ポゼ】UVイデア XL プロテクショントーンアップは、日焼け止めに求める機能がぎゅっと凝縮したような名品! 一度使うと、手放せなくなるくらいの優秀コスメなんですよ、これが。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LA ROCHE-POSAY JAPAN ラロッシュポゼさん(@larocheposayjp)がシェアした投稿

日焼け止めに求める効果が、全部!

外に出るときはもちろん、一日中家で過ごすときも、美肌を守るために日焼け止めは必須。

なぜなら紫外線こそが肌老化の原因となるからです。

毎日使う日焼け止めに求めるのはどんなことでしょうか? まずは紫外線をきちんとカットしてくれること。そして、ベタつきやキシキシ感のない使い心地であること。できるだけ肌の負担にならないこと。できれば石けんで落とせるとありがたい。叶うことなら美肌に見せてほしい

この条件を全部満たす日焼け止めは果たして存在するのか……?

はい、あります! それこそがUVイデア XL プロテクション トーンアップなんです。

サファイアも大のお気に入りで、どこから素晴らしさを説明するか迷ってしまうほど。美容のプロだけでなく、モデルやタレントさんも愛用しているこのアイテム。どうせ広告がらみでしょ、なんて疑っている人にこそ「使ってみて!」と激しくオススメしたい日焼け止めなんです。

さて落ち着いて、製品について説明してみたいと思います。ふう(深呼吸)。

はじめからツヤ肌だったかのように見える!

UVイデアXLプロテクショントーンアップ

ラロッシュポゼの公式では【日焼け止め兼化粧下地】というカテゴリーに入っているこちら。

公式では《敏感肌にも使える”トーンアップUV”》と説明されています。

トーンアップ効果といっても、今流行りの白肌クリーム的なトーンアップとは全く違って、あくまでも「ツヤ」だけでトーンアップしてくれるのがいいところ。

というのは、色のチカラでトーンアップしていないので、塗ったあとの仕上がりはとても自然。「もともと、これくらいツヤがあるんです♪」と言ってもバレないくらいのナチュラルなツヤです。ヘルシーな生活している人とすら思わせてくれるような、いい感じのツヤ。

パールやオイルで作るツヤではないので、ギラつきなどなどの人工的な輝きはまったくありません。あくまでも自前のツヤのように見せてくれるので、使うたびに気分が上がります。

「乾燥してくすむ」人におすすめ

ラロッシュポゼは敏感肌のためのスキンケアブランドです。敏感肌って、乾燥していて肌がくすんで見えがち。そこで肌をキレイに見せるためには、まずもってツヤが必要なんですよね。

敏感肌じゃなくて、乾燥肌という人にもこの考え方はピタリとハマります。

くすみの原因は、乾燥だったり、古い角質だったり、血行不良だったりと様々ありますが、まずは肌表面の光の反射率を上げるだけで、ツヤのあるキレイな肌に見せられます。そして、それがいちばん自然にトーンアップできる方法。

「くすみをカバーしたいけど、あれこれメイクするのは苦手」という人は、この日焼け止めのツヤを借りてきるのがおすすめです。

スキンケア成分も配合されている

ラロッシュポゼといえば、ターマルウォーター。もちろん配合されています。

その他にも、深海微生物由来の抗酸化成分・ヴァニュセアン、シアバター由来のデトキシル、ビタミンE、ブライトニング成分のボタンエキスなどが配合されています。

今日の肌コンディションを整えながらも、エイジングケアまで視野に入れたスキンケア成分と言えます。とくに注目は抗酸化成分が配合されていること。日焼けすると、肌で酸化がおこりますからね、抗酸化成分は本当にありがたいのです。

実際に使ってみても、日焼け止め特有の乾燥感、パリパリ感はほとんど感じることがありませんでした。むしろ「使っていて心地いい!」部類の日焼け止めです。

テクスチャーはゆるめのクリームといったところ。なめらかに広がって、ぴたっと肌にとまってくれる感覚です。

ついでに、紫外線だけでなくPM2.5 などの大気汚染からのプロテクションもまかなってくれる点もデイリー使いにはもってこいですね。

旅行やレジャーに持っていくのもおすすめ!

ラロッシュポゼの日焼け止めの良さは「かなり焼けない」というその実力。サファイアの周りだと、ゴルフのときは必ずラロッシュポゼ、という人がいます。

サファイア自身、すごく驚いたのは海外リゾートでほとんど日焼けしないで帰ってこられたという経験から! それも、日焼けしないように丁寧に塗っていたというより、毎朝パパッと塗って、日中にささっと重ね塗りするくらいの、カジュアルな使い方をしていたのにです。

その結果、顔はうっすら日焼けしたかなくらいの焼け方。代わりに首や腕はバカンス帰りの日焼け感(体には別の日焼け止めを使ってました)。

  • パパッと塗っても、あんまり焼けない
  • ツヤツヤするのでリゾート気分に合う
  • 旅先の肌にもやさしくフィットする

という、大変な優秀ぶりを実感できました。海外に行くときはもちろん、国内のビーチリゾートや野外フェス、キャンプに行くときにもおすすめしたい日焼け止めです。

ラロッシュポゼには、レジャー&リゾート仕様のアンテリオスシリーズもありますが、顔だったらこのトーンアップUVで十分なのではないかな。

紫外線カットは「メギゾリルSX」「メギゾリルXL」

UVイデアXLシリーズに配合されている紫外線フィルターといえばこの2つ。ロレアルグループが誇るフィルターです。

その特徴は、肌の最深部にまでダメージを与える《ロングUVA》をカットできることにあります。ざっくり説明すると、ロングUVAは肌の真皮にまで届く波長の紫外線。シワやたるみは真皮のコンディションがカギを握っているので、真皮に届く紫外線をカットすることはマジで重要なポイントです。

詳しい説明が公式にありましたのでどうぞ>>>これからはロングUVAに注目!

ちなみにこの2つは紫外線吸収剤です。敏感肌の人で、どうしても紫外線散乱剤じゃないダメという人は避けたほうがいいと思います。サンプルとかあれば

トーンアップUVの使い方のコツ

基本的な使い方は単に塗るだけなんですが、コツといえばコツというポイントを紹介します。

①適量を手にとって、広げる

適量というのが難しいですね。公式では「パール粒1コ」が目安ですが、サファイア的にはこれは少ないと思います。パール粒1コで半顔分くらいかな、と思うので「パール粒2コ」を目安に出します。

②指全体に広げてから塗る

公式では5点置きして伸ばす、となっていますが、サファイア的には乳液やクリームを塗るようにするのがおすすめです。両手の指全体に広げて(手のひらに広げると塗りにくいので)、顔の中心線から外側に向かって、均一に広げていく。

③部分的に重ね塗りする

日差しが当たりやすいところ(鼻すじ、頬、額の中央)には、少しだけ重ね塗りしておきます。ちなみに、ツヤもプラスできるのでハイライト効果にも期待。

一般的な日焼け止めの使い方と変わりませんが、重ね塗りしてハイライト効果を狙えるところがポイントですね。

重ねるファンデとの相性は?

下地として使う場合、気になるのはファンデとの相性ですね。

相性がいいのは、リキッドファンデ&クッションファンデだと思います。トーンアップUVのツヤを消すことなく、さらにツヤを生かした肌になるがその理由。

パウダーファンデについては、モノによってヨレちゃったり、毛穴落ちしちゃったりする可能性あり。

でもいちばんのオススメは、プレストパウダーやルースパウダーをさらっとパフで重ねること。日中、多少のお直しが必要になるのが難点ですが、ツヤを損なうことなくカジュアル&ナチュラルな美肌でいられます。

石けんで落とすならパウダー使いを!

UV イデア XL プロテクショントーンアップの利点の一つは、石けんで落とせること。つまり肌に負担をかけるようなクレンジングは不要なんですね。

しかし。しかしですよ。

この上に、クレンジングが必要なファンデーションを重ねてしまったら、それはクレンジングが必要になってしまうということ。なので、主に下地として使うという人は、いくら石けんで落ちるアイテムだといっても、ちゃんとクレンジングしましょう。

クレンジングなしで落としたいという人は、パウダーを重ねるのがオススメです。そのときは、石けんで落とせるような、ミネラル系パウダーを選ぶのが正解。お直しがしやすいものを選んでみましょう。

塗り直したいときはどうする?

汗をかいたりして、日焼け止めを塗り直したいと思うこと、ありますよね。そんなときは、同じラロッシュポゼから出ている「UV イデア プロテクションミスト」がおすすめです。

とても細かいミストで、メイクの上からシューッとスプレー出来るアイテム。こちらも名品です。

「いい日焼け止めに出会った!」と思えるはず

UVイデア XL プロテクショントーンアップの魅力、伝わりましたでしょうか…。

さて最後に。トーンアップUVということで思い出されるのが、ランコムの「美人UV」。

ランコムuvエクスペールバナー《美人UV》ランコム UVエクスペール トーン アップ|日焼け止めを超える美肌力!

ラロッシュポゼと比較すると、もう少しメイク効果が高いかなと思います。あとは積極的なプロテクト成分も配合されている印象。

焼けなさという点では甲乙つけがたいモノがありますので、もし興味があったら両方お試ししてみるのがおすすめです。

では今回はこのへんで。ごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です