【エテュセ】スキンケアパウダーで可愛いお肌になあれ★

ナイトパウダーの代表といえるアイテム、エテュセのスキンケアパウダー。『かわいくなれるスキンケア』をコンセプトにしたパウダーです。夜のお手入れで使うだけでなく、日中も美肌に見せてくれるお粉として活躍するお助けアイテムです。その特長や成分、仕上がりについて解説します!
エテュセ スキンケアパウダー

【容量】10g 【価格】¥1900 【発売日】2018/8/9

スキンケアだって「かわいい」のがいい! かわいくなりたい! を叶えるパウダーです 

エテュセのスキンケアといえば、長年「ニキビを防ぐ」のがコンセプトでしたが、ここ数年の新製品を見ていると少し変化してきたのかなー? スキンケアというより、毛穴消しベースとかリップバーム、マスカラ下地などなど、芸のあるコスメが揃っているブランド、という印象になっていますね。

そんななかで、じわじわと人気を集めているナイトパウダー。パウダーだけどスキンケア。『パフでするスキンケア』だけど、メイク効果もある、という特長のあるアイテムです。

基本の使い方:夜のスキンケアの仕上げにパフパフ

基本の使い方は、夜のお手入れの最後に使うというもの。夜のスキンケアで肌になじませた化粧水や乳液などの効果を閉じ込めるラッピング効果があります。

これを実現しているのは、配合されている「なめらかラッピングパウダー」のおかげ。寝ている間、肌表面からうるおいが逃げないようにラッピングしてくれる、という意味でのスキンケア効果があります。


https://www.ettusais.co.jp/

成分的には、そこまで積極的なスキンケア成分は配合されていない印象ではあります。スキンケア効果としては、ラッピング効果と同時に、肌荒れしているときに寝ている間に摩擦を防いだり、ホコリや汚れが肌にくっつくのを防いだり。余分な皮脂を吸着してくれるので、ニキビケアとして利用したりというところでしょうか。

どうせなら医薬部外品にすれば良かったんじゃないか?というのはサファイアの老婆心です。

夏とかにスキンケア後のベタつきが気になるときもお役立ちですね。肌をさらっとさせてくれるし、寝る前だって肌がキレイになっていたほうがいいに決まってます。なんだか、いい夢が見られそうだし、朝も機嫌良く起きられそう・・・・・・。

”夜のベースメイク”としてもいい感じ♪

「寝化粧」って言葉は、いまでも生きた言葉なんでしょうか? ともかく

  • 「彼と一緒に寝る」シチュエーション
  • 「旅行先でお風呂上がりにできるお化粧」のシチュエーション
  • 「仕事帰りのジムorヨガ帰りに肌だけ整える」シチュエーション

などなど『夜のベースメイク』アイテムとして活躍してくれるパウダーです。どのシチュエーションも、わざわざファンデーションとかBBクリームとか肌にのせたくないですもんね。 ポーチにポンと入れておけばオッケーなパウダーと言えましょう。

メイク効果がアップ。お粉として普通に使えるー!

夜、スキンケアの仕上げに使うほか、日中の仕上げ用やメイク直し用、すっぴんメイクでも活躍してくれるのが、エテュセのスキンケアパウダーの自慢ですね。

確かに、肌が荒れてるときって、あまり負担になるものは使いたくない・・・・・・。けど、ちょっとは荒れているのを隠したいという乙女ゴコロを満たしてくれる仕上がりです。


https://www.ettusais.co.jp

仕上がりのポイントとしては

  • 皮脂がでてもテカって見えにくい
  • 透明感がある肌に見える
  • ベタベタしない
  • 毛穴カバーできる
  • 肌がパサついて見えない

などなど、「素肌でいるより肌にいい」状態をキープしてくれます。サファイア的には、皮脂が酸化して肌あれするのをある程度防げるところがいいんじゃないかなと思います。ふんわりした、清潔感のあるまさに「かわいい肌」になれますねー!

とはいえ、もうちょっとスキンケア効果があってもいいのに

エテュセのスキンケアパウダーというのは、意外に歴史がありまして。まずは2002年に「ナイトアミュレット」(写真左)いう商品がでたのがいちばん最初。続いて2004年「デーアミュレットパウダー」(写真右)が発売されました。

はあ、懐かしい。使ってたな・・・。この頃のキーワードは「酵素ウロキナーゼ」。10年以上たったいまでも、すらすら出てくるくらい、当時はとにかく「酵素ウロキナーゼ」がターゲットだったんですよね。

それで、酸化亜鉛とシリカ、酸化亜鉛とタルクを組み合わせた肌あれ防止パウダーというのが配合されていたんですよね。

2006年にはこのナイトアミュレットがリニューアルしまして「薬用アクネ ナイトタイムディフェンス」という商品に。翌2009年にはデーアミュレットパウダーがリニューアルして「薬用データイムディフェンス」が登場。

ここでは、イオウが配合されて、ニキビケアに着目していたのがポイントでした。

と、このように初代は肌荒れ、2代目はニキビ、とスキンケアの目的がハッキリしていたわけですが、3代目となるスキンケアパウダーは目的がややふんわりしているのが気になるところです。ふんわりするのは仕上がりだけでいいっつーの! なんて突っ込みが出てくるほどです。

余談ですが、スキンケア効果という点ではマキアージュの「スノービューティー」にお株を持って行かれた感じがあります。向こうはm-トラネキサム酸配合という説得力・・・・・・。

まとめ:老舗の信頼感ってあるよね!

以上、エテュセ スキンケアパウダーのご紹介でした。スキンケア効果はさておき、仕上がりのふんわり感と透明感、そして寝ている間のベタつきを抑えられるという点ではとても使えるアイテムだと思います。

ベビーローズの香りも、ふんわり気分を明るくしてくれますし。ひとつだけ注意点があるとすれば、パフはまめに洗うべし!ということです。パフが汚れていると、それだけ肌荒れのリスクも高くなりますからね。

ではこのへんで。ご機嫌よう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です