「もしかして・・・・・・」辛口美容誌『LDK』のテスト結果が間違い? 疑問あり?

辛口美容誌『LDK』のテスト結果が間違い? 疑問あり?

美白美容液について検索していたところ「360.life」というサイトの記事がヒットしました。

 

『本音でテストする商品評価サイトです」との説明がされているサイトですが、

そのテストを行っている雑誌は「LDK」とありました。辛口雑誌でおなじみの「LDK」ですね。

 

正確に言うと、誌面がWEB記事として転載されいるのだと思います。

 

信頼度が高い雑誌のテスト結果がサイトで見られるのは助かるな、と思って見ていましたら

「もしかして・・・・・・?」と疑問に思うことを見つけてしまいました・・・・・・。

 

もしかしたら、私の勘違いかもしれません。そして過去記事の間違いを指摘するのもどうかと

悩んだのですが、あえて疑問点をまとめてみました。

疑問の記事はこちら

私が疑問を持ったのはこちらの記事。

【差はダントツ】シミの数で比べた「美白美容液」ランキング7選

公開日は【2018年01月03日(水)】となっています。

内容は、人気の美白美容液を7つセレクトして、その実力をテストするというもの。

それぞれを2週間使用して、シミ(潜在シミ)を計測、BEFORE→AFTERを比較して効果を検証するという内容です。

疑問なのは画像なんですが・・・・・・

記事内では「VISIA」という測定機器を使ったテスト結果が出されています。
「VISIA」はクリニックやエステサロンなどで使われていて、シミの数や毛穴の数、小ジワの数などを画像解析して結果をだせるもの。
分かりやすく言うと、SK-IIのカウンターに設置されている「マジックリング」ってありますよね? その「マジックリング」をハイスペックにしたイメージです。(LDKの話をするときに、SK-IIの話を引き合いに出すのもアレですが)
で。ここからが本題です。
それぞれの美白美容液を使って、そのBEFORE→AFTERの画像と計測結果からランキングが作成されている記事でしたね。
ちなみに、堂々の第1位になったのは、第一三共ヘルスケアのトランシーノ薬用美容液。
その画像がこちらです。

【トランシーノの計測結果画像】

トランシーノ

https://the360.life/

潜在シミの数が124個も減少したダントツの結果だったとのことで、ランキング1位を獲得しています。

一方、ランキング3位で「期待以下でした」と評されているのが、資生堂のHAKU。

ではHAKUの画像はどうだったのでしょうか。

【HAKUの計測結果画像】

https://the360.life/

いかがでしょうか。

私の目にはまったく同じ画像に見えるのですが・・・・・・!!

念のために並べてみます。

トランシーノ

HAKU

見比べるれば見比べるほど、同じ画像に見えます。

というか、ハッキリ言って同じ画像じゃん!!

大変なことを発見してしまった・・・・・・のか?

先にも述べましたが、この記事が公開されたのは【2018年01月03日(水)】。

そこから1年以上は経過していて、とりたてて話題にもなっていなかった(少なくとも私は知らなかった)ことを考えると、誰も間違いに気がついていなかった、ということでしょうか・・・。

ちなみに、トランシーノの画像&HAKUの画像が一致しているだけではありませんでした・・・・・・。

私の目の錯覚かもしれませんので、ちょっと誰か見てほしい。

【アクアレーベルの計測結果画像】

https://the360.life/

「減った数は2個」だったそうです。続きまして・・・・・・

【ルミーチェの計測結果画像】

https://the360.life/

「効果はみられませんでした」とのこと。そして最後に・・・・・・

【ケシミンの計測結果画像】

https://the360.life/

「潜在シミにはまったくアタックしませんでした」。

単なるミスだと信じたい・・・・・・

以上、全部で5点の画像がまったく同じもの疑惑をご紹介しました。

現状この記事が掲載された本誌バックナンバーを確認してはいませんが、本誌の画像データがどうなっていたのか、大変気になるところです。

本誌からWEBへの転載時におこった、単なるミスだといいのですが。

それぞれの美白美容液につけられた解説がただ虚しいものに見えてなりません。

そして何よりお伝えしたいのは、「ガチでテストする美容雑誌」を標榜するメディアなのに、なぜこんなミスが起こったのか?という疑問。
客観的なテストをする以上、その結果をしめすデータこそ命。データが間違っているならば、すべての前提が崩れ去るということです。いま一度、データの見直しとデータ管理について、我が振りも見直したいと思わせてくれる記事でした。
それではこのへんで。ごきげんよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です